2016.3.17 05:01

阪神・陽川、2戦連発!掛布2軍監督「すごく価値がある」

阪神・陽川、2戦連発!掛布2軍監督「すごく価値がある」

陽川が2試合連続本塁打。敗戦の中でひとり気を吐いた(撮影・山下香)

陽川が2試合連続本塁打。敗戦の中でひとり気を吐いた(撮影・山下香)【拡大】

 ウエスタンリーグ(阪神2-3中日、16日、鳴尾浜)快音とともにライナー性の打球が左中間の防球ネットの中間に突き刺さった。陽川(ようかわ)が推定130メートル弾。鳴尾浜のスタンドからは大きなどよめきが起こった。

 「どの打席でも、ストレートにタイミングを合わせています。打った瞬間、(手応えが)ありました」

 自画自賛の一撃は1点を追う六回一死。先発・雄太の初球137キロ真っすぐをとらえた。左中間席へとたたき込み、一時同点とした。ウエスタン開幕戦から2試合連続アーチだ。

 キャンプ中の実戦ではチームトップの4本塁打を放ったが、9日に2軍落ち。スイング中に左肩が入り過ぎるため、直球に差し込まれることが多かった。鳴尾浜ではバランスのいいフォームを目指している。

 掛布2軍監督も「きのうは大差の中で1球目を打ちにいった。きょうのホームランは(接戦だったので)すごく価値があると思う」とたたえる一撃だった。

  • 交代を告げる、阪神・掛布2軍監督=鳴尾浜球場(撮影・山下香)
  • 7回、好機に見逃し三振に倒れた阪神・森越=鳴尾浜球場(撮影・山下香)
  • 投球する阪神・石崎=鳴尾浜球場(撮影・山下香)
  • 投球する阪神・金田=鳴尾浜球場(撮影・山下香)