2016.3.17 05:00

阪神・横田、OP戦36の14!高山に「負けたくない」

阪神・横田、OP戦36の14!高山に「負けたくない」

4回、安打を放つ阪神・横田慎太郎=QVCマリン(撮影・森田達也)

4回、安打を放つ阪神・横田慎太郎=QVCマリン(撮影・森田達也)【拡大】

 オープン戦(ロッテ3-3阪神=九回規定により引き分け、16日、QVC)開幕スタメンに食らいつく、3安打の固め打ちだ。D1位・高山に負けじと、横田がバットで猛アピールに成功した。

 「初球から全部打ちにいこうと思っていた。(高山に)負けたくない気持ちはあるし、いい刺激になります」

 四回に投手の足もとを抜く中前打を放つと、六回に左前タイムリー。八回には遊撃へゴロをたたきつけ、俊足を飛ばして内野安打をゲット。金本監督は「内野手は守りにくいやろうね。足は速いし、フルスイングしてボテボテッという打球が来るし」とうなずいた。

 オープン戦は36打数14安打の打率・389。左腕にも9打数3安打(・333)と、高山と同様に好結果を残している。中堅は大和らとの争いになるが、横田の開幕スタメン起用も魅力たっぷりだ。「相手投手が右でも左でも、結果を求めてやっていきたい」。目指す開幕へ、必死のアピールを続ける。

試合結果へオープン戦日程へ

  • 6回、適時打を放つ阪神・横田=QVCマリンフィールド(撮影・松永渉平)
  • 8回、内野安打を放つ阪神・横田=QVC(撮影・森田達也)
  • 6回、この試合3安打目の右前打を放つ阪神・高山=QVCマリン(撮影・矢島康弘)
  • 4回、阪神・横田慎太郎の安打で二塁を蹴って三塁に進む阪神・高山俊=QVCマリン(撮影・森田達也)
  • 阪神・横田のオープン戦アットバット