2016.3.16 05:05(4/4ページ)

阪神も円陣「声出し」で金銭授受していた…四藤社長が急きょ会見

阪神も円陣「声出し」で金銭授受していた…四藤社長が急きょ会見

囲み取材に応じる阪神・四藤球団社長=タイガーデン(撮影・森田達也)

囲み取材に応じる阪神・四藤球団社長=タイガーデン(撮影・森田達也)【拡大】

阪神・坂井オーナー「四藤(球団)社長が話したことがすべてです。それ以上、いうことはないです」

昨季まで指揮をとった阪神・和田SA「今、初めて聞いた。(金銭授受で)励みになる部分もあったと思う。そこらへんの判断は難しいが、襟を正す上でそういうこと(問題)を出し切って、前を向かないといけない。プロ野球界全体のことだから」

★ノックミスで500円、貯金し食事会費に

 阪神・四藤球団社長は「声出し」以外に、試合前のノックでミスをした選手に、選手間での罰金制度があったことを明かした。「(罰金は)ほとんどジュースですが、ジュースと現金。2014年だけは1回500円をシーズン中に貯金して、選手の食事会に充てていた」。球団は昨年10月に把握し、現場に禁止した。巨人では「ファンゴ」と呼ばれるポジション別のノックで、金銭のやり取りがあった。

野球協約(抜粋)

 ▽第177条(不正行為)(一)選手、監督、コーチ、又は球団、この組織の役職員その他この組織に属する個人が、次の不正行為をした場合、コミッショナーは、該当する者を永久失格処分とし、以後、この組織内のいかなる職務につくことも禁止される。(6)所属球団が直接関与する試合について賭けをすること。

賭博罪

 刑法185条で「賭博をした者は50万円以下の罰金又は科料に処する」とされている。賭博とは偶然の勝敗をめぐって財産の得喪を争うこと。食事やジュース、それを購入するための金銭など「一時の娯楽に供する物」を賭けたときは例外とされる。「声出し」の場合は1人が総取りするかしないかというケースで、賭博にあたらないとされる。

  • 四藤球団社長(右)はウエスタン開幕戦の後、取材に応じてチーム内での金銭授受を説明する(撮影・森田達也)
  • 金銭の授受問題に関して会見に臨む阪神・四藤球団社長=鳴尾浜タイガーデン(撮影・山田喜貴)
  • 囲み取材に応じる阪神・四藤球団社長=タイガーデン(撮影・森田達也)
  • 囲み取材に応じる阪神・四藤球団社長=タイガーデン(撮影・森田達也)
  • 囲み取材に応じる阪神・四藤球団社長=タイガーデン(撮影・森田達也)
  • 金銭の授受問題に関して会見を終え引き上げる阪神・四藤球団社長=鳴尾浜タイガーデン(撮影・山田喜貴)
  • 金銭の授受問題に関して会見を終え引き上げる阪神・四藤球団社長=鳴尾浜タイガーデン(撮影・山田喜貴)
  • 金銭の授受問題に関して会見を終え引き上げる阪神・四藤球団社長=鳴尾浜タイガーデン(撮影・山田喜貴)
  • 試合を観戦する阪神・坂井オーナー(左)と四藤球団社長=鳴尾浜(撮影・山田喜貴)
  • 2軍開幕戦を観戦し引き上げる阪神・坂井オーナー=鳴尾浜タイガーデン(撮影・山田喜貴)
  • 2軍開幕戦を観戦し引き上げる阪神・坂井オーナー=鳴尾浜タイガーデン(撮影・山田喜貴)