2016.3.16 05:04(1/3ページ)

アウト判定覆り3失点!燕・中村「コリジョンルール」適用第1号

アウト判定覆り3失点!燕・中村「コリジョンルール」適用第1号

ベース前でボールをこぼす中村。すぐに拾い、松山にタッチしたが…(撮影・大橋純人)

ベース前でボールをこぼす中村。すぐに拾い、松山にタッチしたが…(撮影・大橋純人)【拡大】

 オープン戦(ヤクルト1-8広島、15日、神宮)今季から導入された本塁での危険な衝突(コリジョン)を回避するための「コリジョンルール」が15日、ヤクルト-広島のオープン戦(神宮)で初めて適用された。二回二死一、二塁で、二走の本塁突入を阻止したヤクルト・中村悠平捕手(25)が走路をふさいだとして、ビデオ判定の結果、アウトがセーフに覆った。不可抗力だった中村には警告が与えられたが、真中満監督(45)は2度目で退場になることに疑問を呈した。

【続きを読む】

  • ベース前でボールをこぼす中村(撮影・大橋純人)
  • ベース前でボールをこぼす中村。すぐに拾い、松山にタッチしたが…。審判団の判定はセーフに覆った(撮影・大橋純人)
  • 2回、広島・松山の本塁走塁でコリジョンルールが発生し、判定がアウトからセーフに変更。審判から説明を受けるヤクルト・中村=神宮球場(撮影・大橋純人)
  • 2回、広島・会沢の左前打で二走・松山が本塁を狙う。左翼からの送球を受けたヤクルト捕手・中村が前にボールをこぼした=神宮球場(撮影・大橋純人)
  • 2回、広島・会沢の左前打で二走・松山が本塁を狙う。左翼からの送球を受けたヤクルト捕手・中村が前にボールをこぼしたが、その後キャッチし走者にタッチ=神宮球場(撮影・大橋純人)
  • 2回、広島・会沢の左前打で二走・松山が本塁を狙う。左翼からの送球を受けたヤクルト捕手・中村が前にボールをこぼしたが、その後キャッチし走者にタッチ。アウトの判定が出るもその後、審判団が集まり協議。ビデオ判定など協議後、判定がセーフに変わったことを審判団が告げ、試合は再開された=神宮球場(撮影・大橋純人)
  • 2回、協議後、グラウンドに出てきた審判団は判定がセーフに変わったことを告げ試合は再開した。中央は捕手のヤクルト・中村=神宮球場(撮影・大橋純人)
  • 試合前にベンチ前で円陣を組むヤクルトナイン=神宮球場(撮影・大橋純人)
  • 7回から登板、1イニングを無失点に抑えたヤクルト・杉浦=神宮球場(撮影・大橋純人)
  • 6回から登板、1イニングを無失点に抑えたヤクルト・徳山=神宮球場(撮影・大橋純人)
  • 広島に大敗し足早に引き揚げるヤクルト・真中監督=神宮球場(撮影・大橋純人)