2016.3.15 14:00

阪神、監督・選手コラボメニュー発表…金本監督も「但馬牛御膳」など3品で“参戦”

阪神、監督・選手コラボメニュー発表…金本監督も「但馬牛御膳」など3品で“参戦”

今シーズンより甲子園球場で新たに販売される「今成のなりきり弁当」を見せる阪神・今成と、「メッセの鶏白湯ラーメン」を試食するメッセンジャー=甲子園球場(撮影・松永渉平)

今シーズンより甲子園球場で新たに販売される「今成のなりきり弁当」を見せる阪神・今成と、「メッセの鶏白湯ラーメン」を試食するメッセンジャー=甲子園球場(撮影・松永渉平)【拡大】

 阪神甲子園球場は15日、2016年シーズンに販売される監督・選手コラボメニューの詳細を発表した。今季の甲子園開幕戦となる4月8日の広島戦から、クライマックスシリーズ、日本シリーズ、ファン感謝デーも含めたシーズン終了まで販売される。

 複数の選手が共同でプロデュースするお弁当や春の期間限定メニューなど、17種類の新商品が加わり合計35種類の充実のラインナップだ。指揮官も「金本監督の但馬牛御膳」(1800円)など3品で“参戦”した。

 例年、大好物のラーメンをプロデュースし売り上げ1位となっているメッセンジャーは「メッセの鶏白湯ラーメン」(並850円、メッセ盛り1050円)をこの日も笑顔で試食し「健康志向だね。醤油とか、いたって普通のものよりも違ったものを提供したかった。昨年も売り上げ1位だったって? これだけおいしければそりゃ当然でしょう!」と頼もしく語った。

  • 今シーズンより甲子園球場で新たに販売される「メッセの鶏白湯ラーメン」をメッセンジャーからわけてもらう阪神・今成=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 今シーズンより甲子園球場で新たに販売される選手弁当などを披露する阪神・今成とメッセンジャー=甲子園球場(撮影・松永渉平)※テーブル上全てが新発売の商品ではありません