2016.3.15 05:01

阪神・金本監督、投手のペース配分「まだ正直、わからない」

阪神・金本監督、投手のペース配分「まだ正直、わからない」

イベントで笑顔を見せる阪神・金本監督=横浜市(撮影・山田俊介)

イベントで笑顔を見せる阪神・金本監督=横浜市(撮影・山田俊介)【拡大】

 阪神・金本知憲監督(47)が14日、横浜市内で「セ・リーグファンミーティング2016」に出席。6球団の指揮官が顔を揃えた壇上で、各チームの警戒する選手を1人ずつ、すらすらと発表した。

 仕上がりに手応えを持つ一方で、金本監督が気にしているのが投手陣のペース配分だ。「開幕ダッシュするに越したことはないが、飛ばし過ぎもよくない。1年間のペース配分というものがまだ正直、わからない。野手は特にないと思うが投手はすごく気にはなっている」と話した。「先発は(折りを見て)休ませるのがいいのか。中継ぎの球数や肩の作り方とか。僕には未知の世界。中継ぎの疲労度というのはすごく気になるね」。今後もコーチと相談しながら、慎重に進めていくつもりだ。

オープン戦日程へ