2016.3.14 05:07(3/4ページ)

笠原元投手激白、巨人選手は公式戦で現金やりとりしていた

笠原元投手激白、巨人選手は公式戦で現金やりとりしていた

巨人選手が行っていたギャンブル

巨人選手が行っていたギャンブル【拡大】

 これまで巨人から4人の野球賭博関与者が出た。5人目がいるか、注目が集まっている。「僕のルートでは、5人目は正直にいないです。それは言い切れます。違うルートで噂が出ている人は分からない。他の選手には僕も言わないし、僕も分からない」ときっぱり言い切った。

 昨年までの巨人では、トランプ賭博、賭けマージャンなど、一部で恒常的にゲーム感覚での金銭授受が行われていた。笠原氏は、試合前の自軍ベンチ付近、ファンの前で行われる円陣で「声だし」を行った選手が、その試合に勝つと金銭を総取りできる「験担ぎ」があったことを明かした。

 笠原氏は「野手は毎日。若手が紙に書いて、ロッカーで集金していくんですよ。声だしした人がチャンスで回ってきたら、なおさら打とうと思うじゃないですか」と話した。同氏によれば最初は1人につき1000円程度を受け取るが、連勝で3000円、3連勝で5000円…など、まるで倍々ゲームのように、拠出金が増えていくシステムだったという。

【続きを読む】

  • 2014年10月、巨人在籍時の笠原氏。この年には野球賭博を行っていた
  • 野球賭博問題相関図
  • 野球賭博問題の主な経緯