2016.3.13 14:24

阪神・球児、5回ノーヒット!甲子園で「先発・球児」アピール

阪神・球児、5回ノーヒット!甲子園で「先発・球児」アピール

先発の阪神・藤川=甲子園球場(撮影・岡田亮二)

先発の阪神・藤川=甲子園球場(撮影・岡田亮二)【拡大】

 オープン戦(阪神-日本ハム、13日、甲子園)阪神・藤川球児投手(35)がオープン戦2度目の先発をし、先発転向後最長の5回55球を投げ、無安打無失点と盤石の仕上がり。開幕へ「先発・球児」をアピールした。

 甲子園2度目の先発に臨んだ藤川は、前回6日の巨人戦(甲子園)同様に最速は145キロながら、緩急自在に打ち取っていった。

 一回、一死から田中賢への初球はボールとなるも、この日最速の145キロをマーク。この回9球で3人斬りすると、二回、一死から近藤に粘られて四球を与えたが、レアードを直球で遊ゴロ併殺。三回も3人で抑え、二塁を踏ませない。

 2回り目となる四回から変化球も織り交ぜて的を絞らせず、凡打の山を築き、先発転向後最長の5回を無安打で投げきった。

 6日の巨人戦では4回3安打1失点とまずまずの投球内容だった藤川。この日は5回無安打と完璧に仕上げ、開幕へ向け、また一段階段を登った。

金本監督(藤川に)「真っすぐで差し込んでいる印象。走りも良かったし、器用に変化球を使えていた」

北條(先制打含む2安打)「僕の立場だと、ずっとアピールしていかないと駄目。集中して、一球を無駄にしないようにと思っている」

ヘイグ(初の3番に入って2安打)「何番でも関係ない。状況に応じて打つのが自分の持ち味だし強み」

試合結果へオープン戦日程へ

  • 先発の阪神・藤川=甲子園球場(撮影・岡田亮二)
  • 先発の阪神・藤川=甲子園球場(撮影・岡田亮二)
  • 1回、三邪飛の日本ハム・大谷。投手は阪神・藤川=甲子園球場(撮影・安部光翁)
  • 2回、左飛に倒れる日本ハム・中田。投手は阪神・藤川=甲子園球場(撮影・安部光翁)
  • 2回、日本ハム・中田を抑えほっとした表情の阪神・藤川=甲子園球場(撮影・安部光翁)
  • 先発の阪神・藤川と梅野(左)=甲子園球場(撮影・岡田亮二)
  • 1回、投球する阪神・藤川=甲子園球場(撮影・永田直也)
  • 5回、左飛の日本ハム・中田。投手は阪神・藤川=甲子園球場(撮影・安部光翁)
  • ヘイグとタッチし笑顔を見せる阪神・藤川(左)=甲子園球場(撮影・岡田亮二)
  • 5回、ヘイグを迎える笑顔の阪神・藤川=甲子園球場(撮影・安部光翁)
  • 5回を投げ終えベンチに戻る阪神・藤川=甲子園球場(撮影・岡田亮二)
  • 2回、ベンチ前でキャッチボールをする阪神・藤川=甲子園球場(撮影・岡田亮二)