2016.3.7 05:03(4/4ページ)

虎、6連打でG倒!金本監督猛ゲキ「勝ちにいこうぜ」に応えた

虎、6連打でG倒!金本監督猛ゲキ「勝ちにいこうぜ」に応えた

3回、適時打を放つ阪神・ゴメス=甲子園球場(撮影・永田直也)

3回、適時打を放つ阪神・ゴメス=甲子園球場(撮影・永田直也)【拡大】

 同じく就任1年目の巨人・高橋監督は、新生阪神の印象について「分からないです」と話すにとどめた。今季最初の伝統の一戦は開幕4カード目の4月5日(東京D)。金本監督も「最初に叩いておきたかった? それは特にないけどね」とはぐらかしたが…。

 『巨人戦』『大勢のファンの期待』が勝ちにいった理由かと問われ「うん。まあ、そうやね。それはあるわね」と小さくうなずいた。昨季は9勝16敗。8年連続で巨人に勝ち越していない。1985年、2003、05年。ここ3度のVイヤーはすべて直接対決を制してきた。G倒と優勝は表裏一体。虎の宿命を背負い、前哨戦を制した。 (堀啓介)

甲子園で生観戦し、巨人戦の快勝に笑顔を見せた阪神・坂井オーナー「まだオープン戦ですよ。でも、負けるよりは勝った方がいいですね。(高山の2安打も)よかったね」

データBOX

 ◎…阪神が巨人とのオープン戦(甲子園)の四回に狩野-高山-横田-小宮山-鳥谷-西岡と6連打。レギュラーシーズンでは近年では2013年5月26日の日本ハム戦(甲子園)で鳥谷-マートン-新井貴-新井良-浅井-藤井彰と6連打を記録した

試合結果へオープン戦日程へ

  • 金本監督(中央)の「勝ちにいこうぜ」に選手らが燃えた。初の巨人戦で快勝だ(撮影・永田直也)
  • 新指揮官同士で初のメンバー表交換。金本監督(右)は高橋監督(左)と笑顔で握手
  • 3回、二塁打を放つ阪神・西岡=甲子園球場(撮影・永田直也)
  • 4回、安打を放つ阪神・横田=甲子園球場(撮影・永田直也)
  • 4回、阪神・原口のゴロの間に阪神が追加点=甲子園球場(撮影・吉澤良太)
  • 7回、安打を放つ阪神・高山=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 4回西岡の適時打で生還した阪神・横田(中央)と小宮山(左)=甲子園球場(撮影・吉澤良太)
  • 4回、適時打を放つ阪神・西岡=甲子園球場(撮影・永田直也)
  • 阪神新監督・1999年以降の巨人とのオープン戦初陣成績
  • 阪神・前回巨人戦勝ち越しからの対戦成績
  • 阪神・投手の1軍実戦登板成績
  • 阪神・野手の1軍実戦打撃成績