2016.3.7 05:02(3/3ページ)

変身G斬り!阪神“緩球児”、1270日ぶり甲子園登板

変身G斬り!阪神“緩球児”、1270日ぶり甲子園登板

4回、巨人・村田を左飛に仕留めた阪神先発・藤川=甲子園球場(撮影・吉澤良太)

4回、巨人・村田を左飛に仕留めた阪神先発・藤川=甲子園球場(撮影・吉澤良太)【拡大】

 金本監督も「いろいろ考えて試してやっている段階だと思う。ストレートがそこそこキレがよかったので、ひと安心」と納得の表情。登板日は「本人に聞いて」とはぐらかしたが開幕3戦目、29日の中日戦(京セラD)が有力だ。伝統の一戦で見せた熟練の投球で「先発・球児」の頼もしさが際立った。

 久々の本拠地に、球児は「甲子園という球場に慣れないと。まだホームというふうに感じられない状況でした。マウンドの感覚とか捕手までの見え方とかそういう部分」と課題もあげた。適応が完了すれば、新生球児はさらに進化する。 (長友孝輔)

試合結果へオープン戦日程へ

  • 藤川が甲子園に帰ってきた!虎党の大声援を受けて“ニュー球児”を披露した(撮影・安部光翁)
  • 藤川は変化球を駆使して巨人打線を抑えた。緩急でベテランの味を見せつけた
  • 4回、巨人・村田を打ち取り笑顔の阪神・藤川=甲子園球場(撮影・永田直也)
  • 先発の阪神・藤川=甲子園球場(撮影・吉澤良太)
  • 登板前、胸に手を当ててマウンドへ向かう先発の阪神・藤川=甲子園球場(撮影・吉澤良太)
  • 1回、投球練習前にマウンドに触れる阪神・藤川=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 先発の阪神・藤川=甲子園球場(撮影・安部光翁)
  • 4回裏終わりで、小宮山に笑顔を見せる先発の阪神・藤川=甲子園球場(撮影・安部光翁)
  • 阪神・藤川の実戦登板成績