2016.3.6 05:02

阪神・能見、チェンジアップ軸に4回0封「悪いなりにしっかり」

阪神・能見、チェンジアップ軸に4回0封「悪いなりにしっかり」

先発した阪神・能見=甲子園球場(撮影・森田達也)

先発した阪神・能見=甲子園球場(撮影・森田達也)【拡大】

 オープン戦(阪神-ロッテ、5日、甲子園)先発の能見は4回を2安打無失点にまとめた。一回一死から荻野に中前へ運ばれるも併殺で切り抜けた。二回は二死から四球を許すなど、毎回走者を背負ったが、踏ん張った。

 「(指にボールがかからず)真っすぐで勝負できなかった。でも、悪いなりにしっかり投げることができた」

 直球は最速138キロ止まりで、球が高めに浮くシーンもみられたが、チェンジアップを多投。緩急を使った投球で相手に的を絞らせなかった。

 金本監督は「直球の走りは悪かったみたいだけど、そこは経験でね。経験値が高い、悪いときなりの投げ方をしたと思う」と評価した。

 能見は、開幕から5戦目となる30日のヤクルト戦(神宮)での先発が有力。「真っすぐ(のスピード)は、もっとでると思う」。次回登板では本来の投球を披露する。

試合結果へオープン戦日程へ

  • 先発の阪神・能見=甲子園球場(撮影・森田達也)
  • 先発の阪神・能見=甲子園球場(撮影・森田達也)
  • 先発の阪神・能見=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 先発の阪神・能見=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 先発の阪神・能見=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 先発の阪神・能見=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 4回、ベースカバーに走る阪神・能見=甲子園球場(撮影・森田達也)
  • 4回、ロッテ・鈴木の一ゴロでベースカバーに入り、笑顔の阪神・能見=甲子園球場(撮影・永田直也)