2016.3.3 04:03(3/3ページ)

えっ?阪神・藤浪、2軍開幕投手ある!?

えっ?阪神・藤浪、2軍開幕投手ある!?

キャッチボールをする阪神・藤浪=甲子園球場(撮影・森田達也)

キャッチボールをする阪神・藤浪=甲子園球場(撮影・森田達也)【拡大】

 もちろん移動日15日の練習で、フリー打撃やシート打撃に登板するという選択肢もある。ただ、開幕が近づけば近づくほどより実戦に近い形で、長いイニングを投げておきたいもの。おひざ元の鳴尾浜で、投げたあとは地元に残ってしっかりとケアすることができる。申し分のないプランだ。

 藤浪はこの日、全体練習でキャッチボール、ゴロ捕などで軽めの調整を行った。福岡には帯同せずに、3日以降は甲子園などで調整する。

 今後の調整や体調、天候次第ではあるものの、もし藤浪の“開幕投手”が実現すれば、鳴尾浜の大フィーバーは間違いなし。虎党が詰めかけることが予想される掛布2軍監督の初陣に、若きエースが登場するのだ。

 1軍の開幕投手はメッセンジャーにお任せ。もう1人の新指揮官の“門出”を祝うことになる。

オープン戦日程へ

  • 藤浪はゴロ捕などで調整。ウエスタン開幕戦に登板する可能性が浮上した(撮影・松永渉平)
  • 鳴尾浜は普段から多くのファンが訪れる。藤浪が投げたらもっとすごいことになるかも