2016.2.29 05:03(2/3ページ)

オリックス・大城、懲罰Wヘッダー!4エラーで福良監督怒ドド

オリックス・大城、懲罰Wヘッダー!4エラーで福良監督怒ドド

特集:
2015ドラフト会議
楽天との練習試合で采配を振るオリックス・福良監督=宮崎市

楽天との練習試合で采配を振るオリックス・福良監督=宮崎市【拡大】

 優しい顔の奧に秘めている、野球への厳しさが一気に噴出した。いますぐ2軍の試合に出てこい! 福良監督が新人遊撃手、大城に怒りの2軍落ちを命じた。

 「守りのミスは仕方ない時もある。問題は、その後どうするか」。大城は一回にウィーラーの打球を逆シングルで捕球できず(左前打)、三回の岡島の打球も緩慢な動きで内野安打に。四回には哲朗の打球を失策し、直後、三本間の挟殺プレーで捕手からの送球をそらした。記録は1失策だが、事実上の4エラー。ミスを取り戻そうという思いが伝わらず、指揮官は激高した。

 「本当は3つ目のミスの直後に入れ替えさせようと思った。ただ“向こう”がまだ守備中で」

 向こう、とは1軍から“出張”して2軍戦で遊撃を守っていたD7位・鈴木昂(三菱重工名古屋)。隣接するサブ球場で2軍は巨人2軍と試合中。イニング終了を待って鈴木昂を1軍戦に呼び、大城がそのまま2軍戦に出場した。

 1、2軍が同じ場所、同じ時間で練習試合をしているからこそできた、“懲罰”ダブルヘッダー。この日でキャンプを打ち上げた指揮官は「最後に合同キャンプの効果が出たね」とスマイルで怒りを隠した。大城は「風岡さん(内野守備コーチ)から、技術の問題より、気持ちを出せるように頑張ってこい、と言われました」。この屈辱は1軍の舞台でしか晴らせない。 (上田雅昭)

【続きを読む】

  • 大城(右)は挟殺プレーで送球を後ろへそらした(走者・福田、捕手・伊藤)。この後、2軍戦に出場させられた(撮影・鳥越瑞絵)
  • 2回、選手交代を告げたオリックス・福良監督=宮崎市(撮影・鳥越瑞絵)
  • 6回、楽天・吉持の打球を処理するオリックス・鈴木昂=宮崎市(撮影・鳥越瑞絵)
  • 9回、安打を放つオリックス・鈴木昂=宮崎市(撮影・鳥越瑞絵)
  • 楽天との練習試合に先発したオリックス・西=宮崎市
  • 先発したオリックス・西=SOKKENスタジアム(撮影・鳥越瑞絵)
  • 1回、本塁打を放ちベンチに迎えられるオリックス・モレル=SOKKENスタジアム(撮影・鳥越瑞絵)
  • 1回、本塁打を放つオリックス・モレル=SOKKENスタジアム(撮影・鳥越瑞絵)