2016.2.24 05:03(3/3ページ)

育成から1軍大抜てき!虎・原口、横一線の捕手戦争殴りこみや

育成から1軍大抜てき!虎・原口、横一線の捕手戦争殴りこみや

腰のヘルニアも癒え、捕手争いに殴り込みだ

腰のヘルニアも癒え、捕手争いに殴り込みだ【拡大】

 この安芸では掛布2軍監督から夜間練習中に左足の着き方を伝授されていた。2人の師匠の指導で打撃は開花の兆し。異例の大抜てきに胸が躍る。

 「テレビで見ると(沖縄組は)みんなギラギラしている。途中から行く僕たちも、もっと目をギラギラさせてやっていきたいですね」

 腰のヘルニアなど故障に悩まされた時期もあった。一時期は一塁を守ってきたが、再び捕手に取り組んでいる。育成契約から支配下、そして1軍定着へ。ラストチャンスかもしれない。

 24日、一塁ミットは持参せず沖縄入りする23歳は「捕手としてできるところを見てもらって、打つほうでもアピールしないと先がない。ガチガチの中で、元気を出してやりたいと思います」と気合十分。掛布2軍監督は「硬くなるタイプだから、落ち着いてやってほしいね」と背中を押した。正捕手争いに“嵐”を起こしてみせる。 (新里公章)

原口文仁(はらぐち・ふみひと)あらかると

 ★生まれ 1992(平成4)年3月3日生まれ、23歳。埼玉県出身
 ★球歴 小学4年時に野球を始め、中学時代は寄居リトルシニア(現深谷彩北リトルシニア)でプレー。帝京高2年時に捕手に転向し、3年夏甲子園出場。2010年D6位で阪神入団。1軍出場はなく、12年のオフから育成契約
 ★寝具 腰の故障歴があり、寮では「西川寝具」のマットレスを愛用
 ★サイズなど 1メートル82、86キロ。右投げ右打ち。年俸400万円。背番号「124」。独身

オープン戦日程へキャンプ日程へ

  • トスバッティングを行う原口。6年間の2軍生活で11発を放っている23歳が1軍昇格だ(撮影・岩川晋也)
  • 原口(左)は昨秋金本監督(右)から何度も直接指導を受けた
  • 阪神・原口の2軍年度別打撃成績