2016.2.22 18:14

プロ注目、桐蔭横浜大・高橋拓が3回2失点 日通と今季初OP戦

プロ注目、桐蔭横浜大・高橋拓が3回2失点 日通と今季初OP戦

 神奈川大学野球リーグの桐蔭横浜大が今季初のオープン戦を社会人野球の日通(日通浦和野球場)と行い、1-7で敗れた。

 桐蔭横浜大はプロ注目の左腕・高橋拓巳投手(3年)が先発したが、創価大から日通入りのルーキー、北川利生内野手に本塁打を浴びるなど3回2失点で敗戦投手となった。

 高橋拓は最速144キロの直球に、精度の高いカーブ、スライダーが高く評価され、最速150キロ超の右腕の多く見られる大学球界で注目のサウスポー。小学生から高校(前橋育英)まで、2年後輩の西武・高橋光成投手を見てきただけに、プロを視野に入れ、今春のリーグ戦制覇、初の大学日本一をめざしている。