2016.2.8 05:00

阪神・ペレス、吐いても走るハッスルぶり…金本監督「はまったら面白いと思う」

阪神・ペレス、吐いても走るハッスルぶり…金本監督「はまったら面白いと思う」

阪神・ペレスと握手を交わす金本監督=沖縄・宜野座(撮影・安部光翁)

阪神・ペレスと握手を交わす金本監督=沖縄・宜野座(撮影・安部光翁)【拡大】

 阪神春季キャンプ(7日、沖縄・宜野座村)こちらの競争も忘れてはいけない。6人で「4」を争う外国人枠で、阪神のネルソン・ペレス外野手(28)の存在感が日に日に増している。シート打撃では二神から鋭いライナーで右前打。前日も1安打1四球と2日続けてアピールだ。

 「調子はいいよ。(外国人)枠が4しかないのは自分でもよくわかっているが、チャンスはある。4のうちひとつを勝ち取りたい」

 昨季途中に独立リーグ・石川から加入。ドリスとともにスペアの立場だ。今キャンプは2軍スタートだったが、伊藤隼の故障で2日から1軍に合流。このチャンスは逃せない。

 フリー打撃では特大弾を何本も放り込み、ノックでも自慢の強肩をアピール。4日のリレーでは金本監督に「走らなくていいよ」と言われながら志願参加。バテバテになって途中リタイアし、吐いていたというが、そこまでハッスルする外国人選手は、そうはいない。

 指揮官も「技術的にはまだまだなところがあるが、あのスイングスピードとパワーね。はまったら面白いと思う」と不敵な笑み。明るい性格も二重丸。大化けの予感はぷんぷんと漂う。(堀啓介)

キャンプ日程へ

  • シート打撃で安打を放つ阪神・ペレス、投手は二神=沖縄・宜野座(撮影・永田直也)
  • 野球教室で子供と野球を楽しむ阪神の(左から)マテオ、ペレス、ドリス=沖縄・宜野座(撮影・永田直也)
  • ファンからサインを求められ応じる阪神・ペレス=沖縄・宜野座(撮影・森本幸一)