2016.2.6 12:58(1/2ページ)

PL先輩・清水哲さん「元の清原に戻って」 試合中に大けが、支えてくれたのに…

PL先輩・清水哲さん「元の清原に戻って」 試合中に大けが、支えてくれたのに…

特集:
転落!清原容疑者逮捕
清水哲さん(中央)を囲む清原和博容疑者(右)と桑田真澄さん(清水さん提供)

清水哲さん(中央)を囲む清原和博容疑者(右)と桑田真澄さん(清水さん提供)【拡大】

「哲さんの分まで打つ」励まされ 「何かの間違いだと思っていた」。清原和博容疑者の高校の1年先輩で、NPO法人「ホームベース」代表の清水哲さん(49)は、後輩の逮捕にこう漏らした。大学で大けがをして野球ができなくなった清水さんに、何度も励ましの言葉をかけ、支えてくれた清原容疑者。清水さんは「償いをして戻ってきて」と祈るように語った。

 清原容疑者がPL学園高校に入学したとき、2年生で迎えたのが清水さんだった。寮での掃除や洗濯など雑務を下級生がこなしており、清原容疑者は「練習がきつい」「寮の規則が厳しい」と愚痴をこぼすこともあったという。

 清原容疑者と一緒に甲子園で活躍し、同志社大に進んだ清水さんは昭和60年9月、試合中に相手選手と衝突し、頸椎(けいつい)骨折の大けがを負う不幸に見舞われた。一命は取り留めたが、手足が動かなくなり、野球を続けることができなくなった。

 絶望のふちにいた清水さんに、励ましの言葉をかけ続けたのがチームメートの桑田真澄さんや清原容疑者だった。

 PL時代の同級生らが中心となり、清水さんを励ます「哲和会」を結成。忙しい中、プロ入りした清原容疑者や桑田さんも顔を見せていた。

【続きを読む】