2016.1.28 05:02

青いシートでオープン戦!DeNA、ハマスタ改修第1弾発表

青いシートでオープン戦!DeNA、ハマスタ改修第1弾発表

イメージ図(球団提供)

イメージ図(球団提供)【拡大】

 DeNAは27日、横浜スタジアム運営会社に対する株式公開買い付け(TOB)成立後、第1弾となる球場改修の実施を発表した。21日の会見ではCGによる「未来予想図」を示したが3月2日のオープン戦(対ヤクルト)までに3点を改修することが決まった。

 (1)シートカラー変更 右翼席全席、三塁側内野指定席A・Bなど6035席をオレンジからチームカラーの青に変更。将来的には全席を青で統一する。

 (2)応援席新設 三塁側に1029席のDeNA専用応援エリアを新設。三塁側への応援席設置は異例で、昨季約9割の動員率を誇った球団ならではの試み。

 (3)エリア名称変更 (2)に伴い内野席からホーム、ビジターの区分を撤廃。一塁側を「ベイ・サイド」、三塁側を「スター・サイド」とする。

 「途中経過を見てもらうことにも意味があると考えています」と池田純球団社長(40)は説明。今後も継続的な改修に取り組む。

(紙面から)