2016.1.17 18:00(3/5ページ)

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】西岡、“チャラ男”になれ! 自由奔放こそ本来のリズム…1番復帰が虎最大の補強となる

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】

西岡、“チャラ男”になれ! 自由奔放こそ本来のリズム…1番復帰が虎最大の補強となる

特集:
「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記
フリー打撃に励む西岡剛。スタメン1番・二塁へ、ヤンチャで自由奔放なプレーや言動も復活だ=鳴尾浜球場

フリー打撃に励む西岡剛。スタメン1番・二塁へ、ヤンチャで自由奔放なプレーや言動も復活だ=鳴尾浜球場【拡大】

 こうした経緯から、気の早いファンの間からは「西岡はもう終わった」とか「阪神のチームカラーには合わないのでは…」なんて声が漏れているのです。そういう雑音BGMが多いのもタイガースの宿命でしょうかね。

 でも、冒頭に触れたように体が万全で、本来のプレーを取り戻せることができるならば、西岡の代わりはいないはずです。オフの野手補強は新外国人選手ヘイグ内野手とドラフト1位の高山俊外野手(明大)ぐらいですね。西岡が復活すれば、過去2季ほとんどプレーしていなかっただけに、金本阪神にとっても最大の“戦力補強”になるでしょう。

 ならば、西岡の復活劇に期待しない方がウソでしょう。そこで私なりの復活プランがあるのです。まず西岡という選手はどういう選手か? 謎解きはここです。

 「西岡はロッテで8シーズン過ごした。特にバレンタイン監督の下で活躍した選手。ロッテの野球、バレンタインの野球が体に染みついているはずだ。ロッテの野球って? 選手ひとりひとりが自由で、ある意味いい加減な部分もあるチーム。バレンタイン監督はメジャー流を持ち込んだから余計、選手個々の個性を重視される環境で育ったはずだ。阪神に来て、少しチームの規則や拘束力を気にし過ぎているのではないか?」

 チーム関係者の話ですね。つまり、西岡本来のリズムはヤンチャな、自由奔放なプレーや言動にあって、その中で成績を残すタイプという指摘なのです。阪神に移籍後、OBや関係者、圧倒的な数のマスコミの視線を気にし過ぎて、本来の“チャラ男”ぶりを封印しているのが、成績にも影響している…という指摘があるのです。

【続きを読む】