2016.1.17 18:00(1/5ページ)

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】西岡、“チャラ男”になれ! 自由奔放こそ本来のリズム…1番復帰が虎最大の補強となる

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】

西岡、“チャラ男”になれ! 自由奔放こそ本来のリズム…1番復帰が虎最大の補強となる

特集:
「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記
フリー打撃に励む西岡剛。スタメン1番・二塁へ、ヤンチャで自由奔放なプレーや言動も復活だ=鳴尾浜球場

フリー打撃に励む西岡剛。スタメン1番・二塁へ、ヤンチャで自由奔放なプレーや言動も復活だ=鳴尾浜球場【拡大】

 自由奔放に暴れるべきです! それが西岡剛内野手(31)の復活の鍵でしょう。いよいよ春季キャンプまで後15日。激しいポジション争いがスタートする中で注目は西岡です。2季連続の故障で年俸も1億8000万円から7200万円減。今季は選手生命を賭けた戦いですが、生真面目に野球に取り組むよりも、ある意味“チャラ男”ぶりを発揮した方が本来の姿を取り戻せるはずです。実力発揮なら1番・二塁は決まり。西岡復活は金本阪神の最大の戦力補強になるはずですね。

 今季の阪神の中で、大いに注目しているのは西岡剛内野手なのです。なぜ? 今のタイガースの野手の中で、1番打者に最適な選手は誰か…。二塁を守らせて最適な選手は誰か…。上本や若手選手も含めた比較論の中で断トツの最適任者は西岡剛であることに疑いを持っていないからです。

 「オフの補強やドラフト指名を見た上で、阪神の1番打者として誰がふさわしいか。ドラフト1位の高山も候補だろうが、それよりも現時点でのスキルは西岡が上でしょう。彼が体も万全で、143試合戦えることができれば、阪神にとっては最高の核弾頭になる。そう断言してもいい」

 ある阪神OBは語気を強めて、そう言い切りました。実は私も同感なのです。まず実績が違います。ロッテからメジャー移籍後、阪神に移りましたが、ロッテ時代の数々の記録を見れば一目瞭然でしょう。首位打者、最多安打(2010年)に始まり、盗塁王2回(2005年、2006年)、ベストナイン4回にゴールデングラブ賞3回。これだけの実績を残した選手は、阪神では福留ぐらいですか。

【続きを読む】