2016.1.13 05:03(3/3ページ)

阪神・上本、井端流打撃でイメチェン決意!二塁戦争挑む

阪神・上本、井端流打撃でイメチェン決意!二塁戦争挑む

自主トレを公開し、守備練習する阪神・上本=甲子園球場(撮影・松永渉平)

自主トレを公開し、守備練習する阪神・上本=甲子園球場(撮影・松永渉平)【拡大】

 昨秋から再び指導する片岡打撃コーチはクセ者になることを期待した。兵庫県内で取材に応じ「(体は)小さくても甘い球がくると飛ばす。小手先で合わせるんじゃなくてね。個人的には井端(弘和、現巨人1軍内野守備走塁コーチ)のようになってほしいね」と話した。中日時代の2006年には8本塁打を放ち優勝に貢献、小技に加えてパンチ力の魅力もあった名バイプレーヤーに近づけとゲキを飛ばした。

 二塁には右肘痛を完治させた西岡が帰ってくる。上本が昨季、骨盤の骨折や左太ももの肉離れで離脱した後、大和が二塁を守り、ズバ抜けた守備力をアピールした。定位置を失った選手会長は金本監督からすでに外野コンバートを示唆されるなど、イバラの道が待っている。超変革を自らに断行しないと生き残る術はない。

 「(チームが)勝つことがすべて。勝つか負けるかなんで。勝つためにしっかりとやっていきたい。気持ちが萎えたりあきらめたりしないこと」

 11年ぶりのリーグ優勝、二塁奪回へ、新しいスタイルで真っ向勝負する。 (阿部祐亮)

(紙面から)

  • 甲子園で練習を公開した上本。長打力をアップさせて、二塁戦争を勝ち抜く(撮影・松永渉平)
  • 上本は甲子園でランニング。キャンプに向けて余念はない
  • 自主トレを公開し、打撃練習する阪神・上本=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 自主トレを公開し、取材に応じる阪神上本=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 自主トレを公開し、キャッチボールする阪神・上本=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  • 阪神・大和、上本、西岡の昨季成績