2016.1.11 13:00(2/2ページ)

【球界ここだけの話(417)】周囲の度肝を抜いたふなっしーぬいぐるみ 虎D1・高山“目立ってナンボ”のイメチェン

【球界ここだけの話(417)】

周囲の度肝を抜いたふなっしーぬいぐるみ 虎D1・高山“目立ってナンボ”のイメチェン

特集:
サンスポ記者の球界ここだけの話
入寮で持参したものは「ふなっしー」のぬいぐるみとグラブだけという阪神・高山=西宮市の虎風荘(撮影・山下香)

入寮で持参したものは「ふなっしー」のぬいぐるみとグラブだけという阪神・高山=西宮市の虎風荘(撮影・山下香)【拡大】

 まさかの同伴に、ふなっしー本人も大感激だった。翌7日にフジテレビ系で放送されたスペシャルドラマ「ふなっしー探偵」のPRなどで多忙を極めていた梨の妖精だが、サンケイスポーツの取材に応え「どこにいっても、ふなっしーと船橋市民は高山選手を応援しているなっしー。船橋を誇りに甲子園球場で活躍してなっしー♪」と熱いエールを送ってくれた。ツイッターでもサンケイスポーツの速報記事をリツイートし、あらためてエールを送ってくれた。船橋を背負ってプロ入りする高山の背中を、ふなっしーも押してくれている。

 「僕も(イメージと違うと)思ったんですけど」と苦笑いで振り返ったが、周囲が勝手に抱いていたクールなイメージを脱ぎ捨て、ヒャッハー! と弾けた。金本監督は就任直後から若手に対し“目立ってナンボ”だと説いてきた。チームスローガンの通り、高山の「超変革」も完了だ。

 現在、高山は鳴尾浜で新人合同自主トレに励んでいる。2月のキャンプ、オープン戦と、シーズンへ向けチーム内の戦いも激しくなっていくが、あの“妖精”に見守られている高山に、怖いものはない。(阪神担当・長友孝輔)

  • 入寮時に、東京で買ってきた「ふなっしー」を持参して、周囲の度肝を抜いた阪神ドラフト1位の高山。ふなっしー本人も「活躍してなっしー」とエールを送った=西宮市の虎風荘(撮影・山下香)