2016.1.2 18:47

ヤクルト・川端、妹の友紀と恒例餅まき「一番盛り上がった」

ヤクルト・川端、妹の友紀と恒例餅まき「一番盛り上がった」

水間寺で行われた餅まきに参加したヤクルト・川端と妹の埼玉アストライア・川端=大阪府貝塚市(撮影・松永渉平)

水間寺で行われた餅まきに参加したヤクルト・川端と妹の埼玉アストライア・川端=大阪府貝塚市(撮影・松永渉平)【拡大】

 ヤクルト・川端慎吾内野手(28)が2日、出身の大阪・貝塚市の龍谷山水間(みずま)寺で正月恒例の餅まき行事に参加した。

 女子プロ野球、埼玉アストライア所属の妹・友紀内野手(26)とともに、力強く餅を“スロー”すると、集まった約2500人の参拝客も大歓声。昨季セ・リーグの首位打者を獲得し14年ぶりの優勝をけん引した川端の『福』にあやかろうと手を伸ばした。

 実家近くの同寺は毎年初詣に通っており、餅まきの参加も6年目だというが、「今までで一番盛り上がったと思う。ビックリしました」とあらためて優勝の喜びを実感した様子。友紀内野手も「毎年参加させてもらい、色んな方に声をかけてもらって応援していただくのは本当にうれしい」と話し、晴れやかに新年のスタートを切った。

  • 水間寺で行われた餅まきに参加したヤクルト・川端=大阪府貝塚市(撮影・松永渉平)
  • 水間寺で行われた餅まきに参加したヤクルト・川端=大阪府貝塚市(撮影・松永渉平)
  • 水間寺で行われた餅まきに参加したヤクルト・川端=大阪府貝塚市(撮影・松永渉平)
  • 水間寺で行われた餅まきに参加したヤクルト・川端慎吾の妹の埼玉アストライア・川端=大阪府貝塚市(撮影・松永渉平)
  • 水間寺で行われた餅まきに参加したヤクルト・川端=大阪府貝塚市(撮影・松永渉平)