2015.12.30 13:45(1/2ページ)

【球界ここだけの話(405)】西武、まさかのFA木村昇吾をテストの舞台裏

【球界ここだけの話(405)】

西武、まさかのFA木村昇吾をテストの舞台裏

特集:
2015ドラフト会議
サンスポ記者の球界ここだけの話
広島からFA宣言した木村昇吾。西武が来年2月1日からの宮崎・南郷キャンプでテスト

広島からFA宣言した木村昇吾。西武が来年2月1日からの宮崎・南郷キャンプでテスト【拡大】

 世の中に絶対はない。そう頭の中にたたきこみ、毎日取材している。今まで「そんなことがあるのか」と驚かされるようなことが何度もあったため、決めつけないようにしている。

 そんな私でも、さすがにあ然、ボー然となったのが西武が広島からFA宣言した木村昇吾内野手(35)を来年2月の宮崎・南郷キャンプでテストすると発表したことだ。

 西武の球団事務所が仕事納めだった25日、最後の最後で鈴木葉留彦球団本部長が記者を集めて、話し始めた。

 「前広島の木村昇吾選手を来年のキャンプでテストします。(獲得を前提?)そういうことではありません。テストです。接点は編成部に『何とかならないか?』と電話があった。(支配下登録)68名でやっていこうと一時はなったけど、戦力をいろいろ考えて、一回見てみようと決まりました」。

 私だけでなく、他紙の記者も口をあんぐり。私は少なくとも5度は「木村昇吾を獲らないんですか?」と聞き、否定されているが、他紙も同じようなものだったと思う。

 その理由は「来年で36歳だろ。年もいっているし、年俸(4100万円)も高すぎる」という納得させられるものだった。西武は遊撃が固定できないとはいえ、イメージ的には鬼崎と丸かぶり。もしも木村昇に4100万円払うなら、年俸2500万円で巨人にFA移籍した脇谷に大幅増や複数年契約でも提示して引き留めた方がよかったと、西武ファンなら誰もが思うだろう。

【続きを読む】