2015.12.18 08:00(6/6ページ)

【特命記者】山田哲人の知られざる少年時代

【特命記者】

山田哲人の知られざる少年時代

特集:
2015ドラフト会議
帰ってきた 特命記者
ヤクルト・山田哲人

ヤクルト・山田哲人【拡大】

 ハワイ州オアフ島のコオリナGC(6432ヤード、パー72)で行われた優勝旅行の球団主催ゴルフコンペに参加した。自己ベストまであと2打に迫るグロス110だったが、ネット87・2。58人中、49位に終わった。同GCはコース脇に民家が点在し、「少し怖かったです」と苦笑い。それでもラウンド後、青空に描かれた虹を石川と発見。「虹が出てる! クッキリと見えています」。少年時代は野球漬けの毎日で海外旅行の機会に恵まれなかったが、2015年、人生を謳歌(おうか)している。

山田哲人(やまだ・てつと)という男

★生まれ、球歴 1992(平成4)年7月16日生まれ、23歳。兵庫県出身。大阪・履正社高から2011年ドラフト1位でヤクルト入団
★憧れ プロ入り後は坂本(巨人)。坂本が中学時代に所属した伊丹シニアと山田が所属した兵庫伊丹は練習場所が隣同士という縁も
★好物 プリンが大好きな甘党だが、あんこは苦手
★結婚 「最近は結婚願望がすごく強い。マジで結婚したい」。理想のタイプは大人で、常識のある人。「きれい系より、かわいい系の女性が好き」とか
★サイズなど 1メートル80、76キロ。右投げ右打ち。来季年俸2億2000万円。背番号は「23」から「1」に変更

 

(紙面から)

  • 山田(左)と宝塚リトルの李相鎬監督