2015.12.15 05:04(2/3ページ)

虎、新守護神・マテオ獲得!呉昇桓の交渉打ち切りから3日で大筋合意

虎、新守護神・マテオ獲得!呉昇桓の交渉打ち切りから3日で大筋合意

マルコス・マテオのメジャー年度別登板成績

マルコス・マテオのメジャー年度別登板成績【拡大】

 信じられないほどのスピードで、ポスト呉昇桓問題が決着した。守護神の椅子が空いたのは、わずか3日間。リスト上位にあったマテオと大筋合意に達した。

 球団首脳が新外国人獲得について「近い日に発表できると思う」と明かした。近日中に渉外担当が海を渡り、対面で統一契約書にサインをもらってから球団から発表される。代理人を介して行っていた条件交渉はまとまっており、タテジマに袖を通すことが決まった。

 マテオはドミニカ共和国出身。1メートル85、100キロの巨漢右腕で、最速156キロの直球に鋭く曲がるスライダーが武器で、今季メジャーで26試合に登板し、1勝1敗、防御率4・00。同通算で70試合で2勝4敗、防御率4・65の成績を残した。2011年夏に右肘を故障し、翌年にはトミー・ジョン手術を受けたが、完全復活した。

 大きな体を野茂英雄(元ドジャース)のトルネード投法のようにひねって投げるパワー投手。現在参加しているドミニカ共和国のウインターリーグでは15試合に登板、1勝0敗10セーブ、防御率0・00(14日現在)と絶好調だ。球界関係者の間では、今オフ、大リーグではリリーフ投手が手薄なこともあり「保有権をもっているパドレスが手放さないのではないか」という見方もあったが、短期間で話をまとめた。

【続きを読む】