2015.12.15 05:02(2/3ページ)

気が早すぎる!?来日バース氏、「虎・掛布1軍監督」期待デ~ス

気が早すぎる!?来日バース氏、「虎・掛布1軍監督」期待デ~ス

自身のビーフジャーキー販売で来日した元阪神・バース氏。虎のユニホームを着た子どもを抱っこしたが、大泣きされる=尼崎市のコストコホールセール尼崎店(撮影・山下香)

自身のビーフジャーキー販売で来日した元阪神・バース氏。虎のユニホームを着た子どもを抱っこしたが、大泣きされる=尼崎市のコストコホールセール尼崎店(撮影・山下香)【拡大】

 バース氏は1983年から6年間、掛布2軍監督とともに虎の主軸として豪打を振るった。4番打者としては小柄ながら本塁打を量産した、かつての僚友を「非常に優れたバッティングテクニックを持っていた」と高く評価。同時に「すごくいいヤツ」と、性格面でも気があった。

 そんな男が今秋2軍監督に就任したことを聞くと「初耳だよ。でも、ベリーハッピーだ」と、柔和なひげ面が一層、くしゃくしゃになった。

 「彼はタイガースの運営にすごく重要な人物だと思う。どうすればチャンピオンシップをつかめるか、よく知っているし、楽しみだね。いつの日か、すごいマネジャーになる」と1軍でタクトを奮うことを期待した。

 在籍6年間のリーグ戦順位は4、4、1、3、6、6位。ラスト2年間は最下位で、88年は子供の病気に端を発した球団との対立の末、途中解雇されたが、無念の思いより日本で大成功した記憶の方がはるかに大きい。

【続きを読む】

  • 自身のビーフジャーキー販売で来日した元阪神・バース氏=尼崎市のコストコホールセール尼崎店(撮影・山下香)