2015.12.14 05:02(2/3ページ)

虎・隼太、“G面楚歌”自主トレ!それでも沖縄変えません

虎・隼太、“G面楚歌”自主トレ!それでも沖縄変えません

今年1月の那覇自主トレでの伊藤隼(右)。慶大の先輩・高橋由に鍛えてもらった

今年1月の那覇自主トレでの伊藤隼(右)。慶大の先輩・高橋由に鍛えてもらった【拡大】

 巨人の巣窟で腕を磨き、“エキス”も吸収する。来年1月の沖縄・那覇自主トレ。隼太が敵の懐で、1軍定着への礎を築く。

 「(自主トレに)高橋由伸さんは来られないですけど、いい環境で練習できるので、同じところでやります。ただ、今年は内海さんの投手組が来られると聞いています。巨人のピッチャーが10人くらい来る中で、僕1人でちょっと気まずいところがありますけど…」

 想像を絶する環境での練習を明かした。慶大の先輩は巨人監督就任により、自主トレは卒業。残ったメンバーの巨人・中井、辻らと沖縄セルラースタジアム那覇で練習をする予定だが、例年グアムで汗を流すG投のリーダー格が、今回は仲間を引き連れて那覇に乗り込んでくるという。

 練習場所は巨人のキャンプ地だけに環境は文句なしで、共存が可能だ。投手陣は走り込みやブルペン投球が中心。伊藤隼ら野手は球場で打撃練習などをこなす。「(投手は)グラウンドをメーンでは使われないので、自分はグラウンドをしっかり使って、目いっぱいやりたい」と思い描く。

【続きを読む】

  • 淡路島での野球教室で子供を指導する伊藤隼。来月は巨人勢の中で孤軍奮闘する(撮影・安部光翁)
  • 子供とじゃれる阪神・伊藤隼=淡路佐野運動公園(撮影・安部光翁)
  • 子供達を教える阪神・松田=淡路佐野運動公園(撮影・安部光翁)
  • 子供達とランニングを行う阪神・西田=淡路佐野運動公園(撮影・安部光翁)
  • 子供達を教える阪神・西田=淡路佐野運動公園(撮影・安部光翁)
  • 子供達の質問に答える阪神・赤星氏=淡路佐野運動公園(撮影・安部光翁)
  • 質問をした子供と握手を交わす赤星氏=淡路佐野運動公園(撮影・安部光翁)