2015.12.7 05:02(2/3ページ)

虎新助っ人ヘイグ、外野ある!金本監督「ノック見てから」

虎新助っ人ヘイグ、外野ある!金本監督「ノック見てから」

大阪モーターショーでのイベントに参加する阪神・金本知憲監督=インテックス大阪(撮影・松永渉平)

大阪モーターショーでのイベントに参加する阪神・金本知憲監督=インテックス大阪(撮影・松永渉平)【拡大】

 外野もあるし、内野もある。自分の目で見て、チェックする。今月1日に正式契約を結んだ虎の新助っ人、ヘイグについて、モーターショーでのイベントを終えた金本監督は「(担当者からは)外野と聞いている」と話した。

 「ひとつに決める? そうではない。見てから。ノックを見て、内野向きだとか、外野向きだとか。三塁も守らすかもしれないし」

 今季限りで退団したマートンに代わる新外国人だが、ポジションについては明確になっていない。三塁を基本に一塁、外野もこなせるという内野手。一塁にはゴメスがいるだけに、三塁か外野となりそうだが、適性はキャンプに入ってから見極める方針だ。当然、三塁なら今成、新井、陽川らと競争。外野なら右翼は福留に決まっているだけに、左翼が有力。ドラフト1位ルーキーの高山俊外野手(明大)ら、ポジションを狙う若手選手との大激戦区になる。

 打撃の方も、ビデオを見た印象をふまえ「中距離ヒッター、アベレージヒッターと聞いている」と話したが「まだ(実際に生で)見ていないんで。見ないものは、わからない。見て、やってみないと」と繰り返した。

【続きを読む】