2015.12.4 11:00(1/2ページ)

【私の失敗(4)】阿波野秀幸、当たりくじはまさかの近鉄…笑えなかった

【私の失敗(4)】

阿波野秀幸、当たりくじはまさかの近鉄…笑えなかった

特集:
2015ドラフト会議
私の失敗
1986年のドラフトで阿波野の1位指名に3球団が競合し、交渉権を獲得したのは想定外の近鉄。どこか引きつった表情で会見に臨んだ

1986年のドラフトで阿波野の1位指名に3球団が競合し、交渉権を獲得したのは想定外の近鉄。どこか引きつった表情で会見に臨んだ【拡大】

 すぐに「お世話になります」という言葉は出てきませんでしたね。あまりにも予想外のことばかりで…。1986年11月19日のドラフト会議。この日は、伊豆大島の三原山が噴火したことを覚えています。

 亜大では東都大学リーグ戦通算32勝(歴代8位)。4年の秋はリーグ記録に並ぶシーズン9勝を挙げました。ドラフト当日、大学は私の会見場に大きな教室を用意してくれて、集まった仲間たちとテレビ中継を見ていました。

 1位指名は愛知・享栄高の近藤真一に中日、ヤクルト、阪神、広島、日本ハムの5球団、私には巨人、大洋(現DeNA)、近鉄の3球団が重複しました。大洋は出身地の横浜市が本拠地。スカウトがよく声を掛けてくれて、巨人もあいさつにきてくれました。希望球団として「パ・リーグなら西武」と答えた記憶はありますが、近鉄の指名は想像したこともありません。

 まず近藤の抽選で、“相思相愛”だった中日の星野仙一監督が当たりくじを引きました。すると、亜大の会見場も「5分の1が当たったぞ! 阿波野は3分の2だから、決まりだろう」と盛り上がりました。

【続きを読む】

  • 亜大ではリーグ戦通算32勝。4年秋はリーグ記録に並ぶ9勝を挙げた