2015.11.30 05:01

阪神・呉昇桓、賭博関与なら残留交渉に影響

阪神・呉昇桓、賭博関与なら残留交渉に影響

 元ヤクルトの林昌勇(イム・チャンヨン)投手(39)=韓国・サムスン=がマカオでの違法賭博容疑でソウル中央地検の捜査を受けた問題で、関与が疑われている阪神・呉昇桓投手(33)について、高野栄一球団本部長(52)は29日、残留交渉への影響を問われて「(韓国マスコミなどの)報道は気にしている。事実であれば(影響は)出てくる」と懸念を表明した。

 すでに球団サイドは呉昇桓に事情を聴いたという。交渉の進展状況について「相手がいる話。マスコミとのキャッチボールはやめておきます。決まれば発表します」と多くを語らなかった。

(紙面から)