2015.11.22 12:57(1/2ページ)

張本氏、小久保采配に“喝”「考えが甘い」 韓国には「あっぱれ」

張本氏、小久保采配に“喝”「考えが甘い」 韓国には「あっぱれ」

野球評論家の張本勲氏

野球評論家の張本勲氏【拡大】

 野球評論家の張本勲氏(75)が22日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・0)に出演し、野球の国際大会「プレミア12」で3位に終わった日本の小久保裕紀監督(44)の采配に苦言を呈した。

 日本は19日に行われた準決勝の韓国戦で、先発・大谷が七回まで85球無失点、1安打11奪三振の好投を演じ3-0とリード。小久保監督は八回から大谷に代わり救援陣をマウンドに送ったが、則本らが九回に打ち込まれ3-4で逆転負けした。

 張本氏は「喝を入れてください! 監督に」と切り出すと、「あれだけ良い采配をしていた人がなぜ大谷を代える? プロ野球の悪い流れなんですよ。(先発が)6、7回投げたら継投でリリーフに任せるっていう、アメリカの悪いところを真似してね。やっぱり先発完投がピッチャーの夢なんですよ」と持論を展開した。

 「韓国のバッターがものすごく嫌がっているんですよ。次に出てくる則本、松井もいいピッチャーです。でも、あの日の大谷はすごかったんですよ」と力説すると、「『最後まで投げ切れ』というのも監督の仕事なんです」と語った。

【続きを読む】