2015.11.21 05:02

ハマスタのシートを青色に! DeNA、運営会社TOBで一体経営へ

ハマスタのシートを青色に! DeNA、運営会社TOBで一体経営へ

 横浜DeNAベイスターズは20日、横浜スタジアムの運営会社の普通株式を公開買い付け(TOB)により取得することを取締役会で決議した。期間は24日から来年1月20日で過半数の取得を目指す。1株あたり1500円、買い付け総額は最大98億4000万円。スタジアム側も賛同する友好的TOBで、順調なら来年1月末に連結子会社化される。

 池田純球団社長(39)は会見で「キーワードは3つ」と意義を説明。〔1〕移転などを検討することなく横浜に根付き、ともに歩むとの意思表明〔2〕コミュニティーボールパーク化の迅速かつ大胆な実現〔3〕経営の効率化-を挙げた。

 その上で、現在のオレンジ色の座席を青に全面刷新し、球場をチームカラーに染めることなどを検討していると明かした。将来的な天然芝化も「選択肢の一つ」で、まずは飲食、グッズ店舗の強化に取り組む。

 球場を運営することは球団経営の黒字化にもつながるという。池田社長は「より楽しんでいただけるハードとソフトを実現したい」と言葉に力を込めた。 (志田健)

(紙面から)