2015.11.5 05:02(3/3ページ)

えっ北條も外野!?本職顔負けプレーに虎・金本監督「いけるな」

えっ北條も外野!?本職顔負けプレーに虎・金本監督「いけるな」

伊藤隼はいつもの中堅ではなく三塁へ

伊藤隼はいつもの中堅ではなく三塁へ【拡大】

 打撃も成長中だ。指揮官から直々に指導を受け、「トップの位置を引いて、(バットの)先で(ボールを)持っていくよういわれました。ヘッドが振れていたと思います」と効果を実感。「野球に対して厳しい方だと思っていたけど、自分の形が縮こまらずにやらせていただいている。やりやすいですね」と感謝しきりだった。

 まずは1軍で試合に出ないと、アピールすらできない。北條がユニーク練習のなかで、チャンスの糸口をつかんだ。 (山口大輝)

和田監督の守備陣シャッフル

 和田前監督1年目の2012年宜野座春季キャンプ第1クール3日目。投手が内野、外野、捕手の守備位置につき、鳥谷、ブラゼルら野手の一部がマウンドで投球。野手と投手を真逆にするシャッフルを行った。和田前監督は「(立場を)入れ替えてやると、投げやすいところとか次のプレーに移るときとか、わかってくる」と互いの役割を理解するためと説明した。

(紙面から)

  • 北條は左翼でシートノックを受ける。本職顔負け!?(撮影・中島信生)
  • 遊撃に入った梅野はトスをする