2015.11.3 12:14(1/3ページ)

【阪神再建に挑んだ男たち】武闘派・石本秀一第2代監督、「真剣白刃渡り」精神で猛虎V導いた

【阪神再建に挑んだ男たち】

武闘派・石本秀一第2代監督、「真剣白刃渡り」精神で猛虎V導いた

石本監督に導かれ、1937年秋に初優勝を飾った阪神ナイン(前列中央が景浦将)

石本監督に導かれ、1937年秋に初優勝を飾った阪神ナイン(前列中央が景浦将)【拡大】

 金本新監督が名門再興に燃える! 過去、阪神は何人もの監督が『猛虎再建』に挑んだ。そこには無念、残念、執念…名門を背負う情熱もあった。その最初の“気骨の監督”はなんといきなり球団創設初年度、途中から監督になった2代目石本秀一。「真剣白刃渡り」の“精神”からのチャレンジだった。

 阪神は1935(昭和10)年暮れに球団を創設し、初代監督の人選だけがやや遅れた。当初のフロント幹部はマジで「今年の夏の甲子園大会で優勝した松山商(現松山商高)でさい配をふるった森茂雄(早大出)がいい」となった。本音ではライバル阪急がガチガチの慶大閥で初代監督三宅大輔に対抗した「早大系」の人事だった。

 この時、森茂雄は神田の誠文堂という出版社に勤務していた。のちに大洋球団社長にもなり、西鉄監督三原脩を引き抜くような人物なのだが、創生期の猛者がズラリの阪神の初代監督に「甲子園で優勝した」という幸運だけでの人選は安易すぎた。森はほとんどベンチでも喜怒哀楽を表にださないタイプの監督でモノ足りない…となった。

【続きを読む】

  • 36年当時の巨人ナイン。沢村栄治(右から2人目)、スタルヒン(同5人目)らそうそうたる顔ぶれが並ぶ
  • 厳しい指導で選手を鍛えた石本秀一監督