2015.10.31 05:02(3/3ページ)

阪神、“二度目の正直”球児獲り全力!他球団に負けない条件提示へ

阪神、“二度目の正直”球児獲り全力!他球団に負けない条件提示へ

阪神が本腰で獲得に乗り出している球児。元虎の至宝は絶対に他には渡さない!

阪神が本腰で獲得に乗り出している球児。元虎の至宝は絶対に他には渡さない!【拡大】

 指揮官はこの日、秋季練習が行われた甲子園で「(藤川とは)ぼちぼち話している」と接触していることを認め、今後も口説いていく考えを明かした。

 今年は5月にメジャー帰りの藤川と入団交渉に臨んだが「必要とされるところで投げたい」と語っていた右腕に熱意は届かず、決裂。“二度目の正直”へ、「全力で獲得に動くことでオーナーも監督も球団フロントも考えは一致している」と、別の球団関係者は意気込んでいる。球児の4年ぶりタテジマ復帰を成就させるため、一枚岩でぶつかっていく。

藤川球児の経過

 ★2013年6月11日 阪神から海外FA権を行使し、2年7億8000万円で移籍したカブスで右肘を痛め、手術を受けた
 ★2014年10月30日 カブスは契約を延長しないことを発表。
 ★11月6日 阪神・坂井オーナーが「何としても戻ってきてもらいたい」と復帰を熱望
 ★12月16日 レンジャーズ入団が決定。単年契約で年俸1億2000万円
 ★15年5月22日 レ軍を自由契約。阪神がオファー
 ★6月1日 阪神との交渉が決裂し、四国IL高知に入団することを発表
 ★9月10日 今季限りでの高知退団を表明
 ★16日 左足首を痛めた影響で、登板を見送る。5球団のスカウトが視察
 ★10月2日 阪神が、フロント主導で球児獲得に再アタックしていることが判明した
 ★24日 藤川が、金本知憲新監督から直接オファーを受けていたことが分かった

(紙面から)