2015.10.26 05:02

虎D2の明大・坂本、26日Vへ「反省生かしたい」/東京六大学

虎D2の明大・坂本、26日Vへ「反省生かしたい」/東京六大学

特集:
2015ドラフト会議
法大戦に出場した坂本。優勝は持ち越しとなった

法大戦に出場した坂本。優勝は持ち越しとなった【拡大】

 東京六大学野球秋季リーグ第7週第2日(25日、明大2-8法大、神宮)東京六大学野球の秋季リーグは25日、神宮球場で第7週2回戦が行われ、明大は2-8で法大に敗戦。2季ぶり38度目の優勝は26日の同戦に持ち越された。阪神からドラフト1位で指名された明大・高山俊外野手(22)は同日午後に右手有鉤骨の除去手術を受けるが、手術が終わり次第球場に駆けつける。

 阪神からドラフト2位指名された坂本誠志郎捕手(明大)も、高山に優勝をささげるつもりだ。「そういう部分もチームの力にして、頑張っていけたら」。試合では4打数無安打で2盗塁を許すなど、精彩を欠いたが、「勝ち点制なので、きょう負けたら終わりではない。反省を生かしていきたい」と26日の試合にかける。

試合結果へ

(紙面から)

  • 3回、明大・佐野の二塁適時打を喜ぶ、坂本(左)と高山(右)=神宮球場(撮影・加藤圭祐)