2015.10.19 05:01

阪神・横山、左肩に疲労…投球メド立たず秋季練習出遅れも

阪神・横山、左肩に疲労…投球メド立たず秋季練習出遅れも

 阪神の横山雄哉投手(21)が、20日から始まる秋季練習でも、投球練習ができない可能性が18日、出てきた。宮崎でのフェニックスリーグで左肩に疲労を訴え、14日に帰阪。しかし、この日の鳴尾浜の練習でもキャッチボールを回避した。

 今季は「左胸鎖関節の炎症」で出遅れ、未勝利に終わったドラ1ルーキー。久保2軍投手チーフコーチは「疲労を取ることが優先」と説明。本人は「(新監督に)アピールをして良い印象を与えられるようにしたい。ストレートを見てもらいたい」と話したが…ブルペンはもちろん、投球のメドも立っていない状況だ。

(紙面から)