2015.10.19 05:03

巨人・金城、引退発表…今季FAで加入、00年首位打者&新人王

巨人・金城、引退発表…今季FAで加入、00年首位打者&新人王

特集:
移籍・退団・引退
巨人・金城

巨人・金城【拡大】

 巨人は18日、金城龍彦外野手(39)が今季限りで現役を引退すると発表した。また隠善智也外野手(31)に対し、来季の支配下選手契約を結ばないことを通知した。

 金城はフリーエージェントでDeNAから移籍した17年目の今季、36試合出場で打率・233、1本塁打、10打点に終わっていた。4月15日のDeNA戦(横浜)で古巣相手に3ランを放ったが、6月に左前腕外側部の損傷の診断を受け、2軍暮らしが続いていた。チームは前日17日にクライマックスシリーズでの敗退が決定。この日、金城から引退の申し出があり、受諾した。

 また、戦力外通告を受けていた青木高広投手(33)が今季限りで現役引退し、球団に残ってジャイアンツアカデミーに携わる予定であることも分かった。青木は2007年大学生・社会人ドラフト4巡目で広島に入団し、13年にトレードで巨人に移籍し、中継ぎとして同年のリーグ優勝に貢献。今季は1軍登板がなく「頭で考えていることと、体の動きに違いが出てきた。(12年に)左膝を手術した後で2度優勝できた。自分の信念を貫けた」と納得して話した。

金城 龍彦(きんじょう・たつひこ)

 1976(昭和51)年7月27日生まれ、39歳。大阪府出身。近大付高から住友金属を経て99年ドラフト5位で横浜(現DeNA)入団。2000年に首位打者と新人王を獲得。05、07年にはゴールデングラブ賞を受賞した。昨オフFAで巨人に移籍。06年第1回WBC日本代表。1メートル77、82キロ。右投げ両打ち。既婚。年俸4000万円。背番号33。

(紙面から)

  • 巨人・金城龍彦の年度別打撃成績