2015.10.17 05:00

阪神、ドラフト1位競合ならくじ引きは高野本部長

阪神、ドラフト1位競合ならくじ引きは高野本部長

特集:
2015ドラフト会議

 阪神が22日のドラフト会議で指名する1位候補を県岐阜商高・高橋純平投手(3年)、東海大相模高・小笠原慎之介投手(3年)、明大・高山俊外野手(4年)の3人に絞りこんだことが16日、分かった。

 1位が競合した場合のくじ引き役は現状では高野球団本部長が務める方向であることが分かった。関係者が「南社長は新監督との交渉など多忙を極めるので、高野本部長になるでしょう」と明かした。金本氏が監督就任を受諾した場合でも、22日のドラフト会議に出席できるか、現状では分からないため、関学大野球部で捕手としてベストナインにも輝いた、編成部門のトップに、スカウト活動の集大成を託す。

各球団の1位候補へ

(紙面から)