2015.10.14 08:00(3/4ページ)

DeNA、ハマスタを100億円規模で買収!友好的TOBで基本合意

DeNA、ハマスタを100億円規模で買収!友好的TOBで基本合意

南場智子オーナーの下、積極的に改革を進める

南場智子オーナーの下、積極的に改革を進める【拡大】

 ハマスタの空前の盛り上がりに、地元財界はDeNAの経営を高く評価。球場を所有する横浜市も理解を示しており、今回の合意に至った。価値判定はこれから行われるが、友好的買収で1978年当時一口250万円だった株式に数倍の価格提示がなされる見通し。800口にのぼる個人株主にも大幅に有利な条件になるため、実現への障害もない。

 経営一体化により、今後は意思決定がスムーズに進むことになる。例えば、球団では、グラウンドの天然芝化、現在の3万人弱の定員から3000-6000席の増設などを検討している。これらは早ければ17年シーズンから実現する可能性が出てきた。また、ファンから要望の多い飲食面の強化や、座席のオレンジ色を球団カラーの青に変更するなど、多くの施策を準備している。

 さらに、チーム強化にもつながる。大幅な観客動員増により、球団の赤字額も昨季の約15億円から半減する見込み。関係者によれば、来季に向けて補強費5億円を積み増すという。今後のスタンド増設などで、より収益が上がる構造となれば、チーム強化に使える額も増えていく。

【続きを読む】

  • 熱狂的なファンで埋まる横浜スタジアムが、生まれ変わる
  • 買収によって、さらにファンから愛される球場になる
  • 12球団本拠地球場の所有者と運用者