2015.10.12 04:07(3/4ページ)

和田虎生き延びた!大和の恩返し美技でファーストS突破王手

和田虎生き延びた!大和の恩返し美技でファーストS突破王手

救世主の大和(右)を出迎える和田監督もいい顔してます

救世主の大和(右)を出迎える和田監督もいい顔してます【拡大】

 「両方の選択肢があったけどね。ハマったと言ったらあかんけど、どっちを守っても一流の選手なのでね。きょうは大和を二塁に持ってきたけど、ホントに助かったな」。采配が見事に的中。中前に抜ければ1点差の場面だったが、大和は「最悪、一、三塁にしてもいいと思っていた。飛び込んだらたまたま(グラブに)入ってくれた」とこともなげに振り返った。

 もともとは内野手だったが、2012年就任の和田監督のもと、外野手での出場が増え、昨季から外野手登録に。指揮官のコンバートに応えると、中堅で好守を連発し、いきなり外野手としてゴールデングラブ賞を受賞した。

 だが、今季は打率・225と不振で、先発出場は65試合にとどまっていた。9月21日のヤクルト戦では痛恨のスクイズ失敗で優勝戦線から脱落する一因になるなど、期待を裏切っていた。それでも、準備は怠らない。八回裏に報道陣もいるベンチ裏の通路に出てくると、繰り返し何度もダッシュ。最後のスーパープレーにつなげ、退任する和田監督に恩返しした。

【続きを読む】

  • 捕球から送球までが速いのが大和のすごさ。間一髪で長野を刺した(撮影・中島信生)
  • 二塁の大和は長野の打球を横っ飛びで捕球
  • 9回、好守備を見せた大和の頭をなでる阪神・福原(右)=東京ドーム(撮影・白鳥恵)
  • 9回、巨人・長野を内野ゴロに打ち取り、ガッツポーズをする阪神・福原=東京ドーム(撮影・白鳥恵)
  • 7回、安打を放つ阪神・マートン=東京ドーム(撮影・春名中)
  • 9回、安打を放つ阪神・ゴメス=東京ドーム(撮影・白鳥恵)
  • 9回、二塁打を放った阪神・福留=東京ドーム(撮影・塩浦孝明)
  • 8回、安藤優也を迎える阪神・藤井=東京ドーム(撮影・安部光翁)
  • 投球する阪神・安藤=東京ドーム(撮影・安部光翁)
  • 投球する阪神・高宮=東京ドーム(撮影・安部光翁)
  • 選手交代を告げる阪神・和田監督=東京ドーム(撮影・中島信生)
  • 7回、巨人・アンダーソンにソロ本塁打を浴びる阪神・メッセンジャー=東京ドーム(撮影・春名中)