2015.10.11 05:01

阪神・西岡、復帰後初打点で勝利への執念「1球で仕留めようと」

阪神・西岡、復帰後初打点で勝利への執念「1球で仕留めようと」

7回、犠飛を放った阪神・西岡剛=東京ドーム(撮影・塩浦孝明)

7回、犠飛を放った阪神・西岡剛=東京ドーム(撮影・塩浦孝明)【拡大】

 (セ・クライマックスシリーズ・ファーストステージ第1戦、巨人3x-2阪神=延長十回、10日、東京ドーム)1点を追う七回一死一、三塁。藤浪の代打・西岡が中犠飛を放ち、勝利への執念をみせた。

 「チームのために自分ができることをしようと心がけた。投手がバテてくる頃だったんで、1球で仕留めようという気持ちだった」。5月に右肘痛で2軍落ち。9月下旬に昇格したが、いまだ送球は満足にできる状態ではなく、代打が主戦場だ。それでも、“復帰後初打点”を挙げ、役目を果たした。

 「先がないんで、やるしかない」。1打席に全身全霊を注ぐ。

試合結果へCS日程へ

(紙面から)

  • 7回、犠飛を放った阪神・西岡=東京ドーム(撮影・白鳥恵)