2015.10.13 05:00

阪神・和田監督、球団歴代7位の273勝

阪神・和田監督、球団歴代7位の273勝

 (セ・クライマックスシリーズ・ファーストステージ第3戦、巨人3-1阪神、巨人2勝1敗、12日、東京ドーム)レギュラーシーズン3位の阪神は2位の巨人に1-3で敗れ、対戦成績1勝2敗で敗退した。すでに退任を発表している和田豊監督(53)は4年間の集大成を飾れず、ラストタクトとなった。

 和田監督は4年間で通算575試合、273勝281敗21分。阪神監督の273勝は歴代7位(1位は藤本定義の514勝)。

 和田監督は4年間で3度のAクラス。13、14年は2年連続の2位。阪神の同一監督での2年連続2位以上は、松木謙治郎、藤村富美男、田中義雄、岡田彰布に次いで5人目だった。

 和田監督は昨年、広島とのCSファーストステージを1勝1分、巨人とのファイナルステージを4連勝。阪神を出場5度目で初のCS突破へと導いた

試合結果へCS日程へ

(紙面から)