2015.9.30 05:04(2/4ページ)

やっぱり神様や!虎・関本、引退表明の日にサヨナラ演出

やっぱり神様や!虎・関本、引退表明の日にサヨナラ演出

特集:
移籍・退団・引退
関本の引退表明を受け、ボードを掲げるファン。勇姿を出来るだけ長く見たい

関本の引退表明を受け、ボードを掲げるファン。勇姿を出来るだけ長く見たい【拡大】

 「代打・関本」のコールに、甲子園が待ってましたとばかりに揺れた。今シーズンを最後に二度と見られない勇姿-。同点の九回無死一、三塁。劇打を期待する歓声の中、“代打の神様”が打席に立ったが…。カウント1-2からの外角球をDeNAの嶺井が捕逸。まさかのサヨナラ劇となった。

 「俺らしくていいね。スーパースターならここで、打つんだろうけど、スーパースターじゃないから、こういう結果になった(笑)」

 三走・江越を手招きで迎え入れ、ウォーターシャワーを浴びた。「正直打てる気はまったくせんかった。よかったです」。謙遜したが、まさに神通力で奪った1点。今年3月28日の中日戦(京セラD)で自身2度目の代打サヨナラ押し出し死球など、内容よりも結果で示してきた“仕事人”らしい結果だった。

 悩み抜いた末に決断した。虎一筋19年。試合前練習に現れると、晴れやかな表情を浮かべた。

 「昨日、(引退を)決めました。球団には伝えている。スッキリしたところはもちろん、ある。また(引退会見で詳しく)話します」

 37歳。6月に左脇腹を痛め、8月には右背筋痛と2度のリハビリ生活を経験。周囲には「なんでこんなに体が弱いんやろ…」と漏らした。9月上旬に再昇格してからは10打数6安打、3打点と結果を出してきたが、世代交代を図りたいチーム方針の中、決心した。

【続きを読む】

  • 九回の捕逸の瞬間、笑顔で三走・江越を呼ぶ関本。まさに神通力!(撮影・白鳥恵)
  • サヨナラに笑顔の阪神・関本=甲子園球場(撮影・中島信生)
  • サヨナラに笑顔の阪神・関本=甲子園球場(撮影・中島信生)
  • ナインと喜ぶ阪神・関本=甲子園球場(撮影・安部光翁)
  • 9回、バッテリーエラーででサヨナラの生還をした江越を迎える阪神・関本=甲子園球場(撮影・中島信生)
  • サヨナラのパスボールで生還し水をかけられる阪神・江越=甲子園球場(撮影・彦野公太朗)
  • サヨナラのパスボールで生還し水をかけられる阪神・江越=甲子園球場(撮影・彦野公太朗)
  • DeNA相手にサヨナラ勝ちし、喜ぶ阪神ナイン=甲子園球場(撮影・白鳥恵)
  • 9回、スリーバントを決める阪神・俊介=甲子園球場(撮影・中島信生)
  • 9回、相手の失策で出塁する阪神・俊介=甲子園球場(撮影・白鳥恵)
  • 並んで笑顔の阪神・歳内(背番号26)と江越(背番号25)=甲子園球場(撮影・彦野公太朗)
  • 8回、三邪飛の阪神・西岡=甲子園球場(撮影・安部光翁)