2015.9.25 05:03(3/3ページ)

和田虎、4連敗で2位Gと3差…中村GM弔い星ならず

和田虎、4連敗で2位Gと3差…中村GM弔い星ならず

8回、中飛に倒れる阪神・福留=ナゴヤドーム(撮影・白鳥恵)

8回、中飛に倒れる阪神・福留=ナゴヤドーム(撮影・白鳥恵)【拡大】

 「前半もチャンスはあった。塁は埋めるんだけど、(あと)1本が出ないな。こっちも早い回に1点でも2点でも返せれば、展開も変わったんだろうけど…」

 0-3の二回二死満塁で二神が平田を迎えたところで指揮官はマウンドに走った。「思いきり腕を振っていけ」。試合序盤では極めて珍しい光景だった。だが、効かない。押し出し四球。中西投手コーチがマウンドに向かっても、内野陣の集まりはバラバラでボールまわしをする。悲しいかな、これが今の虎の現実なのか…。

 「若い投手も、ああいうところを糧にして、今後に生かしていくしかない。悔しいと思って、またやるしかない」

 和田監督のメッセージが、悲しい“贈る言葉”に聞こえる。平田ヘッドコーチは「GMに勝ちを届けたかった」と唇をかんだ。2位巨人とは、残り7試合を考えれば相当厳しい3ゲーム差。このまま終わるのか。どこまでズルズルと落ちていくのか。何をやっとるんや! (阿部祐亮)

和田監督のゲキも実らず、2連続の押し出し四球について阪神・二神「2アウトだったので、あそこは長打はいけないと慎重になってしまった」

14残塁の拙攻に阪神・関川打撃コーチ「食らいついていく姿勢は出ていた。点が入らないのはこっちの責任。選手はよくやっている」

試合結果へ

(紙面から)

  • 和田監督は二回、二神にゲキを飛ばすも、弔い星をあげられなかった(撮影・白鳥恵)
  • 試合前には両チームが急死した中村GMに黙祷
  • 7回、併殺打に倒れる阪神・新井=ナゴヤドーム(撮影・白鳥恵)
  • ベンチの阪神・和田監督=ナゴヤドーム(撮影・白鳥恵)
  • 6回、適時打を放つ阪神・鳥谷=ナゴヤドーム(撮影・白鳥恵)
  • 6回、適時打を放つ阪神・鳥谷=ナゴヤドーム(撮影・安部光翁)
  • 6回、ソロを放った阪神・マートン=ナゴヤドーム(撮影・森本幸一)
  • 投球する阪神・歳内=ナゴヤドーム(撮影・安部光翁)
  • 6回、本塁打を放つ阪神・マートン=ナゴヤドーム(撮影・安部光翁)
  • 3回、併殺打に倒れ、ヘルメットを叩きつける阪神・ゴメス=ナゴヤドーム(撮影・白鳥恵)
  • 3回、死球を受けた阪神・大和=ナゴヤドーム(撮影・白鳥恵)
  • 2回、タイムリーヒットを放ち本拠地ラストゲームを終えベンチへ戻る中日・谷繁監督兼選手(左)へ花束を贈り握手を交わす阪神・福留(右)=ナゴヤドーム(撮影・森本幸一)