2015.9.21 20:06(1/3ページ)

【現役引退会見一問一答】中日・谷繁監督「体がボロボロの状態」

【現役引退会見一問一答】

中日・谷繁監督「体がボロボロの状態」

特集:
移籍・退団・引退
試合後、今シーズン限りの選手引退会見を行った中日・谷繁監督兼選手=ナゴヤドーム(撮影・森本幸一)

試合後、今シーズン限りの選手引退会見を行った中日・谷繁監督兼選手=ナゴヤドーム(撮影・森本幸一)【拡大】

 (セ・リーグ、中日0-4巨人、25回戦、巨人14勝10敗1分、21日、ナゴヤドーム)プロ野球の最多出場記録を持つ中日の谷繁元信監督兼捕手(44)が21日、ナゴヤドームで記者会見し、今季限りでの現役引退を表明した。

 谷繁監督兼選手「選手谷繁は今シーズン限りで引退いたします。27年間ありがとうございました。セレモニー的なものがないので、ここで、ファンの方にお礼の言葉とさせていただきます。27年間、ずっと応援してくれた方ももしかしたら、いるかもしれない。短い間だったですけども谷繁を応援していただき、ありがとうございました」

 --今のお気持ちを

 「とうとうこのときが来たかなという思いと、やっと来たなという思いがあります」

 --引退の理由は

 「いろいろあります。体のことも。みなさんの前では、大丈夫に見せていたんですけど、キャンプの前に、軽い肉離れをやったり、開幕前には肩を痛めたり、シーズン中は腰を痛めたり…。何年か前は腰の手術もしていたので、まあそういう影響もあって、体がボロボロの状態。その中で、若いときなら、気持ちでカバーできたけど、気持ちでカバーできる状態じゃなくなったのが一番ですかね」

 --指揮官をしながらの難しさにも悩まれたこともあった

 「悩むということはないです。考えながらはありましたけど。悩みには答えがない。答えがあることに悩みはしましたけど」

【続きを読む】

  • ベンチの中日・谷繁兼任監督(右)=ナゴヤドーム(撮影・荒木孝雄)
  • 5回終了、投手交代を告げた中日・谷繁監督兼選手=ナゴヤドーム(撮影・森本幸一)