2015.9.10 05:01

阪神、マートンの去就問題凍結 慎重に検討進める

阪神、マートンの去就問題凍結 慎重に検討進める

 在籍6年目のシーズンを過ごしている阪神・マートンだが、来季残留などの去就問題に関しては球団内で凍結されている。

 球団関係者は9日、「シーズンが終わるまでオフリミットにしてあります。シーズンが終わったときに判断したい。新外国人獲得の動きが遅れても、それは仕方ない」と説明した。シーズン前半は不調でチームの足を引っ張ったが夏場から巻き返し、打率・293(リーグ6位)、8本塁打、52打点。慎重に検討を進める。

(紙面から)