2015.9.6 18:00(2/4ページ)

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】ノムさん「エースと4番は育てられない」…痛感させられる藤浪の資質

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】

ノムさん「エースと4番は育てられない」…痛感させられる藤浪の資質

特集:
「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記
3日の広島戦で、ピンチを封じ雄叫びをあげる阪神・藤浪=甲子園球場(撮影・中島信生)

3日の広島戦で、ピンチを封じ雄叫びをあげる阪神・藤浪=甲子園球場(撮影・中島信生)【拡大】

 「今年は悪いなりにというピッチングができている。ただ本人からしたら反省点が多い登板だったと思う。とにかく先頭バッターの四球が多かった。なんとか、次回は守る時間を少なくしてほしい」と注文を出した和田監督ですが、序盤から中盤のピンチの連続にも代える様子は全くなし。藤浪に試合を預けている様子がありありでしたね。

 今後の登板でも、藤浪とは心中…。指揮官の気持ちはそうでしょう。一度、藤浪をマウンドに上げたら、その試合は託す…という監督と投手の信頼関係。これはエースに対する心遣いですね。

 そして、現在の藤浪の姿を見ると、元阪神監督の野村克也氏が、監督時代に話していた言葉を思い出すのです。

 「エースと4番は育てられない」

 1999年から3シーズン、阪神監督を務めた野村氏は、当時の久万俊二郎オーナーや、高田順弘、野崎勝義球団社長によく話していました。

 「プロ野球に入ってきた選手をうまく育てて、脇役を作ることは可能だが、チームのエースと4番は後天的には絶対に育たない。投手なら150キロ以上の直球が投げられる。打者なら100メートル以上、打球を飛ばせる。誰よりも足が速い。そういった選手は後天的には作れない。阪神のスカウティングはそこを分かっていない。オーナー、アナタもそれが分かっていないんですよ」

 野村氏は、久万オーナーに対して、何度もそう語り、ドラフトの重要性を説いたのです。

 『ノムラの考え』を聞いた久万オーナーは、最初の頃、少し怒っていましたね。

 「土台造りとは、ドラフトで獲得した選手を自ら育て、立派な選手にする。立派な選手をさらに育て、立派な指導者にする。ならばチームの屋台骨は揺らがない」

【続きを読む】