2015.8.29 05:02

CS進出へ必死の白星!西武、球団通算4500勝

CS進出へ必死の白星!西武、球団通算4500勝

球団通算4500勝の節目となった田辺監督(左)は好投の十亀をねぎらった (撮影・土谷創造)

球団通算4500勝の節目となった田辺監督(左)は好投の十亀をねぎらった (撮影・土谷創造)【拡大】

 (パ・リーグ、楽天2-3西武、20回戦、西武15勝5敗、28日、コボスタ宮城)西武は28日、楽天20回戦(コボスタ宮城)に3-2で勝ち、球団通算4500勝(3992敗356分け)を達成した。プロ野球で6球団目となるが、1950年の2リーグ分裂後に誕生した球団では最速での到達となった。

 クライマックスシリーズ出場圏内の3位死守へ、負けられない西武が、必死で勝利をつかんだ。2-2の八回一死二、三塁。森のボテボテの三ゴロの間に決勝点をもぎとった。田辺監督は節目の勝利にも「そうなの? 全然知らなかった」と無関心で、「残り試合もないので、どんな形でも勝っていかないと」と、ひたすら前を見つめた。

 この日は10三振を喫し、チームは今季1004三振。2年連続で1000個を超えた。数字がどれだけ増えても、いまは勝ちさえすれば、それでいい。 (塚沢健太郎)

試合結果へ

(紙面から)

  • 8回、西武・森が勝ち越しとなる三ゴロを放つ=コボスタ宮城
  • 5回、生還した栗山巧(中央)を迎える西武ベンチ=コボスタ宮城(撮影・土谷創造)
  • 9回から登板の西武・高橋朋=コボスタ宮城(撮影・土谷創造)
  • 5回、楽天・北川が悪送球。その隙に西武・秋山(左)が生還し勝ち越し=コボスタ宮城(撮影・土谷創造)
  • 3回、楽天・嶋基宏の打球を好捕する西武・秋山=コボスタ宮城(撮影・土谷創造)
  • 先発の西武・十亀=コボスタ宮城(撮影・土谷創造)
  • 先発の西武・十亀=コボスタ宮城(撮影・土谷創造)
  • 現12球団の通算成績